刀の画像査定

日本刀・刀剣類や刀装具の画像を送るだけで査定いたします

刀剣・日本刀を実物査定する前におおよその査定金額を知りたい!そんな時は鋼月堂のオンライン画像査定を是非ご利用ください。
デジタルカメラやスマートフォン、携帯電話で査定をしたいお品(刀剣、日本刀、刀、拵、刀装具)を撮影し、当店まで画像を添付してお送り下さい。
熟練の専門査定スタッフがリアルタイムに鑑定・査定し大体の査定額をお知らせいたします。

メールアドレスへ直接画像添付してメール送信していただくか、画像査定フォームをご利用ください。

メール添付(24時間受付中)
メールで添付する

画像査定フォーム(24時間受付中)
画像査定フォームで送る

LINEアプリで査定
LINEで査定する

刀身・茎の画像や刀剣についてのコメントが詳しいほどより正確な査定額に近づきます

画像査定ですので1枚より複数枚の画像があった方がより正確な査定額が出せます。

撮影いただく刀剣・画像について

刀身全身の画像
刀身全身の画像
刀の全身がわかるように撮影してください。白鞘や拵もあれば一緒に撮影してください。
刃の先端部分(鋒)や錆など拡大画像
刃の先端部分(鋒)や錆など拡大画像
傷や錆など気になる部分は拡大画像を撮影してください。
外装・刀装具の画像
外装・刀装具の画像
拵、鐔などの刀装具も一緒に撮影してください。
茎の画像
茎の画像
柄を外して刀身の柄に被われる部分(茎)の銘が読めるように撮影してください。銘があるかどうかは銃砲刀剣類登録証をご確認下さい。
銃砲刀剣類登録証の画像
銃砲刀剣類登録証の画像
必ず銃砲刀剣類登録証を撮影してください。登録証がない場合はまずはお電話下さい。
鑑定書・認定書の画像
鑑定書・認定書の画像
鑑定書・認定書が付いてる場合は撮影してください。

刀剣を初めて扱われる方へ

現代では、刀剣・日本刀・刀は美術品として鑑賞目的で扱われますが、昔は戦闘を行う為の武器です。初めて刀剣を扱われる場合は怪我をする恐れもありますので、まずはお電話下さいませ。
※錆身の刀だからといってご自身で研ぐことはお止め下さい。刀自身の価値が落ちる可能性が高いので刀を研ぐ前にご相談下さい!

日本刀の鑑定・査定なら鋼月堂へ

美術品商 古物商 東京都公安委員会許可
第305581805544号
美術品商 古物商 大阪府公安委員会許可
第621170172210号
特定国際種事業者番号
S-0-27-00580

安心納得の刀剣査定・買取

0120-920-855(平日10:00~18:00)

画像をお送りいただく前に一度お電話頂ければ撮影箇所などポイントをお伝えしますのでまずはお電話下さい。

メール添付(24時間受付中)
メールで添付する

画像査定フォーム(24時間受付中)
画像査定フォームで送る

LINEアプリで査定
LINEで査定する