1. HOME
  2. ブログ
  3. 河内守国助の刀買取ります

河内守国助の刀買取ります

河内守国助の日本刀買取ります

河内守国助

江戸時代、摂津国、初代国助、銘は「河内守藤原國助」「河内守國助」「小林河内守國助」など
代表作としては「銘 河内守藤原国助 寛永十九年二月吉日(重要美術品)」などがあります

初代河内守国助は、堀川国広門下で、同門である初代和泉守国貞と共に京から大坂へ移住し、共に大坂新刀の祖となりその礎を築きました。
初代国助は、名を小林甚兵衛といい、生国は伊勢、生年は不明ですが、国助の作風や師である国広の没年(慶長十九年)などから考えて慶長の初め頃と思われます。国助は、国広門下ですが、入門後すぐに国広が亡くなっているため、初期の国助の銘字や作風からみて、国広門下の先輩である越後守国儔が実質的な師とみられています。初代国助の受領年は、最も古い年紀作が寛永三年で、この時すでに受領銘を切っており、同門の初代国貞が元和九年に受領していることから、おそらくは国貞とほぼ同時期か或いは寛永の初め頃に河内守を受領したと推測されます。

河内守国助の刀剣買取りいたします

河内守国助(初代国助)の刀剣を手放そうとご検討中の方がいらっしゃいましたら、ぜひ刀剣買取専門の鋼月堂までお気軽にお問い合わせくださいませ。

刀剣買取の流れをご説明いたします
刀剣宅配買取の流れ

LINEアプリやメールフォームから画像査定ができます
画像査定について

日本刀の鑑定・査定なら鋼月堂へ

美術品商 古物商 大阪府公安委員会許可
第621170172210号
特定国際種事業者番号
S-0-27-00580

安心納得の刀剣査定・買取

06-6575-7400(平日10:00~18:00)

 

関連記事