1. HOME
  2. ブログ
  3. 上総介兼重の刀買い取ります

上総介兼重の刀買い取ります

上総介兼重の日本刀買取ります

上総介兼重

江戸時代、武蔵国、上総介兼重、銘は「上総介藤原兼重」「上総介兼重」など

上総介兼重は、俗名を辻助左衛門と称し、上総介受領後に上総守に転じたとされていますが、上総国は古来より親王任国とされていたため、これを憚り上総介と銘を切ったといわれています。上総介兼重には、和泉守兼重との同人説が古来よりありますが、今日では和泉守を初代、上総介を二代とする説が有力です。
和泉守兼重、上総介兼重、長曽弥虎徹、大和守安定等の作には、試し斬りで有名な山野一派の金象嵌銘のあるものが多く、山野家との交流が深かったものと思われ、実際彼らの作風に共通性を見出す事ができます。
また、兼重には虎徹の師匠であったという説がありますが、虎徹の師匠が和泉守兼重(初代)であるとすると、二代の上総介兼重と虎徹は相弟子ということになり、類似した作風になるのは当然です。その為、初二代の兼重の作には銘を直されて虎徹に化けたものがあるといわれるほどで、虎徹と比べて彼らの作が少ないこともその説の普及に拍車をかけています。

上総介兼重の刀剣買取りいたします

上総介兼重の刀剣を手放そうとご検討中の方がいらっしゃいましたら、ぜひ刀剣買取専門の鋼月堂までお気軽にお問い合わせくださいませ。

刀剣買取の流れをご説明いたします
刀剣宅配買取の流れ

LINEアプリやメールフォームから画像査定ができます
画像査定について

日本刀の鑑定・査定なら鋼月堂へ

美術品商 古物商 大阪府公安委員会許可
第621170172210号
特定国際種事業者番号
S-0-27-00580

安心納得の刀剣査定・買取

06-6575-7400(平日10:00~18:00)

 

関連記事